カフェ開業ハウツー本にはないシンプルな心得をまとめてみました

>

進化していく私のお店

いろいろなスタイルのカフェ

もっとたくさんのお客さんに来てもらいたい、売り上げを伸ばしたいと思ったらターゲットの客層をプラスして考えるのはいかがでしょうか。
例えば昼間の時間帯はカフェとして営業し、夜からはお酒も出すバルへと変化する。
ただしこの場合は喫茶店営業許可ではなく飲食店営業許可をとる必要があることに注意しましょう。
カフェで出しているメニューをアレンジしておつまみとしてだしたりコーヒーを使ったカクテルなんていうのも面白いかと思います。
他にもカフェは静かに本を読みながらコーヒーを飲むというイメージを壊し、イベントとして楽器を用いたライブを開催しお店に入るだけ人を集めるといった方法はどうでしょう。
こちらも周囲の騒音とならないように配慮しなければなりませんが。

オンリーワンのお店になりたい

何もせず黙っていてもお客さんがはいればそれに越したことはないですが人が来てくれるのを待つのではなくこちらから売りに行く、俗にいう移動カフェというスタイルもあります。
自分のお店の商品を買ってくれそうな客層へと自分からアプローチできるのでより戦略的な経営者と成長できます。
お店がお客さんでいっぱい、という状態ではテイクアウトを導入するのも一つの案です。
なかには居心地よりも味が好きだという方もいらっしゃるからです。
他にも、まわりの店が閉めて休日としている日を逆に営業日とすることで意外な需要客をキャッチできたりします。
アンケートや意見箱の設置なども少し古臭く感じますが、お客さんの意見をフレキシブルにとりいれることでさらに良いお店となっていくことでしょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る